胸を大きくしたいなら女性ホルモンが重要!

 

胸が小さいことに悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

 

たとえ胸がなくても大丈夫です。
バストアップはできます!

 

胸を大きくするために一番重要なのは“女性ホルモン”を増やすこと。

 

ここでは女性ホルモンがなぜバストアップに大切なのか、どんな方法が効果的なのかなどを詳しく説明していきます。

 

 

胸が大きくなるメカニズム

胸を大きくするには当然ですが胸の脂肪を増やさなければなりません。胸の脂肪を増やすためには同じく胸の中にある乳腺を発達させる必要があります。乳腺とは母乳を作りだすところです。

 

この乳腺を発達させるのが女性ホルモンなんです!

 

つまり女性ホルモンを多く分泌させることが胸を大きくする秘訣になります。

 

 

女性ホルモンの増やし方

 

大豆製品を食べる

大豆に含まれるイソフラボンは体の中で女性ホルモンと似た働きをします。豆腐、納豆、豆乳など、大豆製品を食生活に積極的に取り入れましょう。

 

乳腺マッサージをする

優しくバストをマッサージすることで乳腺が刺激され、女性ホルモンの分泌も活性化します。

 

バストアップサプリを活用する

バストアップサプリに配合されている“プエラリア”には女性ホルモンを増やす作用があります。ただしバストアップ効果も高い分 摂取し過ぎるとホルモンバランスの乱れに繋がり副作用のリスクも高まりますので注意が必要です。

 

 

女性ホルモンを減らすNG習慣を減らそう

女性ホルモンを増やすことも大切ですが、女性ホルモンを減らしてしまう習慣を減らすことも大切です。
睡眠不足、過度なダイエット、強いストレスは女性ホルモンの分泌を減らしてしまいます。充分な睡眠、バランスのとれた食事、リラックスできる環境を整えましょう。

 

 

女性ホルモンを意識してバストアップ!

バストアップするためには女性ホルモンを増やすことが重要なポイントとなります。
女性ホルモンを増やす対策と同時に、健康的な生活習慣を意識してバストアップ体質になりましょう!